禁煙を考えているならまずは意思が重要

禁煙を考えている人にとって、もっとも大きな悩みがすぐに喫煙してしまうのではないか、という事です。禁煙失敗の体験談は非常に数が多く、そして、周囲の喫煙者に聞けば、誰もが一度はそれを試みているのです。そして、禁煙の成功例はほとんど聞きません。それを成功させるならば、相応の強い意志が必要なのです。まず、禁煙を実行する前に、知識を増やしましょう。禁煙によって起こる問題を知っておけば、それがどのような物であったとしても覚悟することが出来ます。また、そのための対策を事前に練ることが出来ますから、やっておいて損はありません。禁煙を行う事により、多くの人には禁断症状が訪れます。これらは非常に怖い物で、何も知らずにそれを受けてしまうと、吸わなければまずいと考え、喫煙をしてしまいます。主な症状として、体調不良や強烈な眠気が挙げられます。特に眠気は、仕事をしている人にとっては大きな問題となるものです。しかし、禁断症状は耐える事により少しずつ改善されていきますから、最初の内は、生活習慣の改善などの対策を行うことが必要です。喫煙による禁断症状は、上記を除けば、そのほとんどが精神的な物です。耐えようと思えば、耐えられるはずなのです。そして、少しなら大丈夫、と思う事は非常に危険だという事も忘れてはいけません。多くの場合、禁煙を失敗してしまう最初の一歩はここから始まります。禁断症状が出ている状態での喫煙は、多幸感を生み出してしまい、離れられなくなるのです。幸い、タバコの値段も上がっていますから、必要以上のお金を持ち歩かない事や、家族の協力を得る等、出来る事はたくさんあります。禁煙の意思を、いつでも見られる場所に貼り付けておくことも良いでしょう。

禁煙は健康にいいって言うけど詳しく知りたい

禁煙が健康に良いとされる根拠は一つだけではありません。タバコを吸うと口内環境は確実に悪化します。有害物質がたくさん入っており、タールは歯に付着すると歯磨きでは除去できません。歯が黄ばむと歯周病にかかりやすくなります。ニコチンは唾液の分泌量を減らし、口腔内に雑菌が繁殖しやすくなります。禁煙することで、口の中にこれらの有害物質が広がらないため、口内疾患を予防できます。喫煙者の多くがストレス解消のためにタバコを吸いますが、これはニコチン中毒になっているだけです。ニコチンが不足すると不安や集中力の低下、苛立ちなどで精神が不安定になります。この時ニコチンを摂取すれば、症状が軽くなるのでタバコを良いものを勘違います。しかしタバコを吸わなければ中毒症状は出ないため、禁煙をした方が心は穏やかになります。タバコを吸うと咳や痰などが出て、寝起きが悪く肩こりに悩まされる人もいます。タバコは血液の循環を妨げるので、免疫力も低下します。しかしこれらは病気とまでは行かないので、病院で薬を処方してもらう人はいません。禁煙すれば、慢性的な体調不良が改善します。禁煙した人の多くが、ご飯が美味しくなったと驚きます。喫煙者の口や鼻、消化器官は状態が良くないので、正しく臭いを嗅ぐ力や味わう力が衰えています。禁煙によって嗅覚や味覚が正常になるため、食事を楽しめるようになり生活が豊かになります。さらにタバコはビタミンCを大量に消費すつので、肌ツヤが悪くなりくすんだ印象を与えます。禁煙は美容にも効果があり、自分に自信が持てれば毎日のストレスも減ります。その他にも家族の受動喫煙を避けられるなど、健康に対するメリットが多いです。

お金をかけずに禁煙したい

年々タバコの値段が上がってしまい、喫煙者にとってはかなりの痛手となっています。しかしこれを機会に禁煙を考え始めた方も多いのではないでしょうか?よく病院に通うと良いなど言われていますが、お金をかけずに明日からでもできる方法を考えて行きたいと思います。禁煙に必要なポイントをあげていきましょう。(1)理由を明確にする(2)目的を明確にする(3)失敗してもめげないまずは(1)について考えていきましょう。禁煙するには理由があると強いです。例えば「子供ができたから健康のため」、「お金を貯めるため」、「病気をしてしまったから」などなるべく具体的に突き詰めて理由を明確にしましょう。誘惑に負けそうになった時になぜ禁煙したいと思ったのか、思い返すいい機会になるからです。そして1番大切なのは(2)の目的を明確にすることです。禁煙することでどうなりたいのか具体的な目的を決めましょう。1番効果がありそうなのはお金です。1日に1箱吸う人は1ヶ月で31箱、1年で最低でも372箱吸うことになります。例えば1箱410円のタバコだとすると、1年で15万~16万ほどお金が行くことになります。これを5年続けると76万から77万ほど浮きます。具体的な数字を見ると結構な額になりますね。このお金で海外旅行や他にもたくさんのことに使えるので明確にしておくことは大切です。そして最後に(3)についてです。禁煙は失敗してしまうことが何度かあるかもしれません。しかし幾つかの失敗で諦めるのではなく、次回こそはと続けようと努力することが大切です。どうしても自分で禁煙できない場合は禁煙外来に通うのもいい方法だと思います。まずはご自身で出来ることから始めてみて、それでもできない場合はお医者さんに頼るようにしましょう。

■禁煙したらこんなことが良い!という点をまとめてくれているサイトです
禁煙効果による様々な恩恵
■禁煙を成功させたい方にはこちらの医薬品で解決しましょう
タバコを辞めるならチャンピックス